いろいろな心不全の治療法

 

いろいろな心不全の治療法

手術(弁置換、バイパス術、心臓移植)

非薬物治療のうち、外科的手術について説明します。

弁置換術
 

弁置換術とは、弁膜症の治療として行われる外科的手術です。うまく働かなくなった心臓の弁を人工弁に置き換えます。人工弁は、種類とその特徴を考慮して選びます。

人工弁の種類と特徴

人工弁には、ウシやブタ等動物の組織から作られる「生体弁」と、カーボンやチタン等人工の材料から作られる「機械弁」があります。
生体弁は、体の中の異物に対する反応として起こる「血栓」ができにくく感染症に強いですが、耐久性に限りがあるので、約15年で再手術をしなければなりません。
これに対し機械弁は、耐久性が良く一生使えますが、血栓の予防のために薬を飲み続ける必要があり、定期的に検査を受けなければいけません。

冠動脈バイパス術
 

冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術とは、虚血性心疾患の治療として行われる外科的手術です。冠動脈の狭くなったところを避けて新しく血管をつなぎ(バイパス)、血液の通り道を作ります。バイパス用の血管は「グラフト」と呼ばれています。

グラフトの種類

グラフトは患者さん自身の血管を使い、バイパス用に採取しても影響がない血管を選びます。胸の動脈、胃の動脈、手の動脈、足の静脈等が使われますが、それぞれ特性が異なるので、病状に合わせて選びます。

補助人工心臓
 

補助人工心臓とは重症な心不全に陥った心臓の代わりとなる、血液循環に必要なポンプ機能を補う治療用装置です。補助人工心臓には、ポンプの役割をする「血液ポンプ」を体内に植込むタイプ(体内設置型)と、体外に出しているタイプ(体外設置型)があります。この補助人工心臓を使うことで、弱った心臓を休ませ、その回復を図ることが可能です。回復が望めない場合には、心臓移植までのつなぎとして利用することもあります。

心臓移植
 

心臓移植とは、重症な心不全の最終的な治療として行われる外科的手術です。亡くなった方から心臓の提供を受け、その心臓を自分の心臓の代わりに植込みます。日本で心臓移植を受けるためには、日本臓器移植ネットワークに登録しなければなりません。
また、日本では法律による制限のため心臓移植を受けられる機会が少なく、代替となる治療法が求められています。代替治療法としては補助人工心臓が最も有望と考えられています。

弁置換術

弁置換術とは、弁膜症の治療として行われる外科的手術です。うまく働かなくなった心臓の弁を人工弁に置き換えます。人工弁は、種類とその特徴を考慮して選びます。

人工弁の種類と特徴

人工弁には、ウシやブタ等動物の組織から作られる「生体弁」と、カーボンやチタン等人工の材料から作られる「機械弁」があります。
生体弁は、体の中の異物に対する反応として起こる「血栓」ができにくく感染症に強いですが、耐久性に限りがあるので、約15年で再手術をしなければなりません。
これに対し機械弁は、耐久性が良く一生使えますが、血栓の予防のために薬を飲み続ける必要があり、定期的に検査を受けなければいけません。

冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術とは、虚血性心疾患の治療として行われる外科的手術です。冠動脈の狭くなったところを避けて新しく血管をつなぎ(バイパス)、血液の通り道を作ります。バイパス用の血管は「グラフト」と呼ばれています。

グラフトの種類

グラフトは患者さん自身の血管を使い、バイパス用に採取しても影響がない血管を選びます。胸の動脈、胃の動脈、手の動脈、足の静脈等が使われますが、それぞれ特性が異なるので、病状に合わせて選びます。

補助人工心臓

補助人工心臓とは重症な心不全に陥った心臓の代わりとなる、血液循環に必要なポンプ機能を補う治療用装置です。補助人工心臓には、ポンプの役割をする「血液ポンプ」を体内に植込むタイプ(体内設置型)と、体外に出しているタイプ(体外設置型)があります。この補助人工心臓を使うことで、弱った心臓を休ませ、その回復を図ることが可能です。回復が望めない場合には、心臓移植までのつなぎとして利用することもあります。

心臓移植

心臓移植とは、重症な心不全の最終的な治療として行われる外科的手術です。亡くなった方から心臓の提供を受け、その心臓を自分の心臓の代わりに植込みます。日本で心臓移植を受けるためには、日本臓器移植ネットワークに登録しなければなりません。
また、日本では法律による制限のため心臓移植を受けられる機会が少なく、代替となる治療法が求められています。代替治療法としては補助人工心臓が最も有望と考えられています。


  • 薬物療法と非薬物療法の重要性について
  • 薬物療法について
薬物療法と非薬物療法の重要性について薬物療法について

 

ページトップ