いろいろな心不全の治療法

 

いろいろな心不全の治療法

慢性心不全の治療に使われる薬

慢性心不全患者さんの治療では、発作を含む特有の症状をやわらげ、病気の進行を抑えて再発を防止し、症状の軽減やコントロールすることを目的としています。薬の種類は様々なものがあり、血液や血管の状態をコントロールするものや心臓の力を強めるもの、心臓を保護するもの等、他にも多くの薬が使われます。また、症状や体質に合った適切な薬を組み合わせて服用します。患者さんの持病や過敏症に応じて使用できない薬もあるため、医師にご自身の服薬情報や健康状態などを十分に伝えたうえで使用する必要があります。

代表的な内服薬

心臓の負担や症状を和らげる薬
 

利尿薬

心不全による浮腫(むくみ)の改善等が目的です。塩分制限だけでは浮腫が改善しない場合に使用します。

心臓を休ませて心不全の進行を防ぐ薬
 

ベータ遮断薬

自律神経の興奮を遮断する働きによって、心筋の興奮を抑えます。
短期的には心臓の収縮力が低下しますが、少量から継続的に使用をつづけることで心臓のポンプ機能を強くさせることがわかっています。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)/アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)

心不全、心筋梗塞後の心筋リモデリング(壊死した心筋が線維組織に置き換わり、心臓が肥大し機能が低下すること)の防止等を目的として使用します。心不全の症状を軽減し運動能力を向上させ、心不全の進行を防ぎます。

心臓の働きを強める薬
 

強心薬(ジギタリス製剤等)

不整脈を伴う慢性心不全等に使用します。 心臓の働きを強めて運動能力を向上させます。

不整脈を予防する薬
 

抗不整脈薬

重症心室性不整脈とそれに基づく心停止の既往がある場合に、不整脈発生を抑制する目的で使用します。

心臓の負担や症状を和らげる薬

利尿薬

心不全による浮腫(むくみ)の改善等が目的です。塩分制限だけでは浮腫が改善しない場合に使用します。

心臓の働きを強める薬

強心薬(ジギタリス製剤等)

不整脈を伴う慢性心不全等に使用します。 心臓の働きを強めて運動能力を向上させます。

不整脈を予防する薬

抗不整脈薬

重症心室性不整脈とそれに基づく心停止の既往がある場合に、不整脈発生を抑制する目的で使用します。

心臓を休ませて心不全の進行を防ぐ薬

ベータ遮断薬

自律神経の興奮を遮断する働きによって、心筋の興奮を抑えます。
短期的には心臓の収縮力が低下しますが、少量から継続的に使用をつづけることで心臓のポンプ機能を強くさせることがわかっています。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)/アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)

心不全、心筋梗塞後の心筋リモデリング(壊死した心筋が線維組織に置き換わり、心臓が肥大し機能が低下すること)の防止等を目的として使用します。心不全の症状を軽減し運動能力を向上させ、心不全の進行を防ぎます。


  • 薬物療法と非薬物療法の重要性について
  • 非薬物療法について

 

ページトップ